×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエット停滞期

ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)の停滞期の期間は、個人差はあれど二週間から一か月位だとされます。停滞期の間は不安から焦りも生じ、さらにダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)運動に励んだり、食事の量をもっと減らしたりと、なんとかして体重を減らそうと無理をしてしまいがちです。

ダイエットとは順調期と停滞期の階段を交互に降りるようなものだとも言われています。ある意味ではダイエットが順調な証拠ですので、停滞期だからと焦らずに、ゆとりを持ってダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)を乗り切ることも必要で、ダイエットの停滞期はあえて体重計に乗らないというのも一手です。停滞期に念頭に置いて欲しいのは、ストレスを溜めないことと、ダイエットを投げ出さないということなのですね。

決められた期間内で体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)を減らすことに執着しないのが、停滞期を乗り切るためのコツと思います。そうはいっても停滞期をなんとか早く終わらせたいという場合は、アミノ酸を摂取するといいでしょう。アミノ酸を摂ることで、身体が飢餓状態にあるとわかりにくくなるため、ダイエットの停滞期をすばやく終了できます。

アミノ酸を含む食品は、ヨーグルトや鶏のささ身などで、いずれも低カロリーでアミノ酸を豊富に含み、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)にももってこいの食品です。

停滞期はダイエットにつきものの避けがたい時期ですが、それでも気長にダイエットを続けてさえいれば、そのうち終わりの来るものです。停滞期という時期は、ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)を始めれば必ず通らなければならない道なので、そのことをきちんと理解してさえいれば、必ず成功に導けます。慌てず急がず、ダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)の停滞期を乗り越えて素敵な身体を手に入れましょう。